節分の玄関飾り柊鰯の由来と部屋を汚さない掃除が楽な豆まきとは?

暮らしと雑貨と道具


日本の今の暦で言う1月1日のお正月がすぎると、次の日本の行事は成人式、そして節分と続きます。節分は、そもそも季を4つにける前日をさし、立春、立夏、立秋、立冬、とあり

立春である2月4日の前日が豆まきが行われる節分となっていて、旧暦では2月4日がお正月とされていました。

ですので、節分は大晦日ということですね。節分行事は大晦日に一年の厄を払い新年を迎えるという意味合いもあります。

節分の玄関飾り柊鰯の由来とは?


今は節分のときに巻きずし、豆、イワシを食べるとされていますが、巻きずしは福を巻き込む恵方巻きといわれ、その年の最も縁起の良い方角で、その方角にいる神様に願い事をします。

この時、一本丸かじりするのは、包丁で「切る」のは縁起が悪いとされるからです(鏡餅を切らずに割るのと同じですね)。黙って食べるのは福が口から逃げないように、ということらしいですよ。

切ると縁起が悪いし残すのもなんとなく福を残すイメージがあるので、まるまる食べるほうが良いと個人的に考えてしまいます…ですので少食の場合は食べ切れるサイズで自分で作ったほうが良いですね。

イワシが食べられるようになった由来は、魔除けの飾りとしていたことから、イワシの魔除けも身体に取り込もうといったあとから出来た風習です。

鬼が嫌いとするヒイラギの小枝にイワシの頭をさして門口に飾っておく「柊鰯」という風習があり、その家の魔除けの役目があるとされて、起源は平安時代からあったとされています。

飾る日程は2月3日の間が主ですが、地域によっては1年中飾ることもあり、流石に現代、1年もイワシを飾っておくと腐敗臭などがするので片付けるのは早いようです。この飾りは塩で清めて神社で焼いてもらいます。

どうしても神社に持っていけない場合には新聞もしくは半紙の上に飾りを置いて塩をかけてから可燃ごみのゴミ袋に、飾りのみを入れます。この時他の生ゴミなどと一緒の袋にしてはいけないようですのでご注意ください。

部屋を汚さない掃除が楽な豆まきとは?

精霊が宿るとされた大豆は、鬼(魔)の目、もしくは豆は魔(ま)を滅(め)するとも読み、鬼が集まってきやすい節分にまいて、無病息災などを願いますが、ナマの豆ではなく炒った豆をまきます。その理由は撒いたナマの豆から芽が出てくると縁起が悪いとされるからだそうです…。確かに。

現代では豆まきを室内ですると掃除が大変とか、都心部や住宅街だと外に撒くと鳩やカラスが集まってきて近所迷惑になる、車が通って豆が潰れて汚い、という問題もあり、豆まきをせずに、豆だけを食べるケースもあり…それだと魔除けが出来ていませんよね^^;

殻付きの落花生を撒く地域もあります。特に北海道や東北の方が占めます。落花生だと回収しやすいので掃除は楽にできますよね。掃除がし易いように、大豆とは違いますが豆つながりで落花生を代用している家庭も地域の風習に限らず増えました。

豆まきの方法は、夜に「鬼は外」と言いながら家の外に豆をまいて、鬼を追い出し、『福は内』と室内に豆をまき福を呼び込みます。そのあとに、現在の年齢ではなく、一を足した数の豆を食べる理由は、翌日の立春が新年という考え方の為、来年の歳として1つ足すのです。子供の頃は1粒でも多いほうが食べるのに嬉しかったですよね。

私は今や胸が一杯になります…。

ppro1 オーダーお問い合わせ

お役に立てばいいね!で読者になろう
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ
お役に立てばクリック応援して下さい