24回みかた残酷マラソンでお手紙くれた小学生の言葉で感じたこと

暮らしと雑貨と道具


第24回みかた残酷マラソン全国大会にエントリーをしているのですが、ゼッケンやパンフレットが届きました。中を開けると、大会の案内やゼッケン、タグなどが入っているのですが、お手紙も入っています。

24回みかた残酷マラソンでお手紙くれた小学生の言葉で感じたこと

『けがをしないよう元気よくさいごまで走って下さい。見てますよ』

見てますよ。

ふ、深い。なにげに応援する言葉かもしれませんが、私にとってすごく深い言葉だと思いドキッとしました。おとなになると自分で取捨選択が出来、言い訳もできる。はしらない言い訳なんていっぱい出来るし、言い訳したいこともいっぱい。

  • 練習してないし…
  • 忙しいし…
  • 足が痛いし…

などなんでも出来ますよね。でも、心のなかでは自分もがっかりしてるし自分が嫌になる。そして応援している人もがっかりしますね。だからこそここの『見てますよ』って言う言葉大きい。

先日、岩美町の桐山登山で見たナナカマド。ナナカマドの花言葉は『私はあなたを見守っています』『慎重』『賢明』などがあるようです

ナナカマド

頂いたお手紙の『怪我をしないように』『見てますよ』と通じるものがあるなあ。本当に言葉って人の気持ちを左右させ、捉え方によって良い効果や悪い効果もある大切で重要なモノだと思います。話す、書く、どちらも誰かの気付きや元気や勇気や励ましになる。逆に攻撃的な武器にならないようにいい加減なことをしないように大事に暮らしたいですね。

きっとこうやってブログを書いていたら気が付かないうちに誰かのことを傷つけることもきっとあると思うのです。でも一部を抜粋するのではなく全体を見ていただける記録でもあると思うので真摯に書いていこうと思います。

お手紙くれた みかた残酷マラソンを応援してくれた小学生のあなた。ありがとうございます。『見てますよ』という言葉で気持ちが引き締まりました。

みかた残酷マラソン全国大会2016結果と感想

ppro1 オーダーお問い合わせ

お役に立てばいいね!で読者になろう
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ
お役に立てばクリック応援して下さい