登山道具のカラビナと電動工具の注意点と使い方の共通点

暮らしと雑貨と道具

Pocket

登山ガイドの研修にて初めてロープとカラビナを使って道が悪い場所に遭遇した際に登山客を安全に誘導する方法などを学びました。その際にカラビナの使い方と木工機械の注意点や使い方に共通点がある事に気づきました。

カラビナとは、D字型やO型、洋なし型などの種類がありますが開閉できる金属で登山用具の一つです。このカラビナ主に登山やクライミングする際にロープや身体を繋ぐ役目をしますが

使い方を雑にしたり誤ると本体自体が破損したりロープが解けたり、落下事故に繋がる恐れもあるのですが、特にロックの部分、金属が開いてロープが外れたり身体から外れたりするのを防ぐためにくるくるっと回してロックするのがスクリューロックタイプでこの作業が面倒でロックしないでロープを張るなどの行為をしてしまうと事故につながります。

カラビナとロープ

ロック忘れを防ぐためにトライアクトロックやボールロックといったオートロック式の安全環もできましたが、場所によっては手を伸ばしきって使いたい時に、ロック解除する際に指が届かないとか、なかなかロックが外せないなどの不便さもあるようでスクリューロックタイプを使われる人もいますしガイド試験ではそれを使うようです。

スクリュータイプはオートに比べ時間がかかります、ですが手抜きすると命を落としかねないですよね。ここで思ったのが、木工機械も気を抜いたり、面倒なことを避けようと横着したら怪我に繋がるのです。指を落としたり材料が逆回転で飛んできたり、もろもろ事故につながります。

私はカラビナを使って安全な路上で練習をした時に、うっかりスクリューロックを閉めきることを怠っていました。気持ちが焦っていたのです。この焦りが事故に繋がると考えるとゾッとしますよね。

木工でも焦ると事故につながるので、未だに慎重にしているので、カラビナを使う際にも慣れてきた時に、一番危ないので、危険妄想をしながら横着せず、正しい使い方をしようと誓いました。

カラビナも種類がたくさんあり、選び方をお教えいただきました。きっと実践していくうちに、必要な物が見えてくると思うのでまずはアドバイス通りのことを守破離しようと思います。

木工も登山も、慣れたり気を抜いたり、わかったフリして使うと思わぬ道具での事故が起こりえますので要注意だと自分に言い聞かせています。

ppro1 オーダーお問い合わせ

お役に立てばいいね!で読者になろう
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ
お役に立てばクリック応援して下さい