正月の玄関飾りの門松の意味や飾り始めと片付ける日は?

暮らしと雑貨と道具


年末のお掃除が終わると、新年を迎えるためにお正月飾りやお料理の準備が始まり、今では少なくなりましたが玄関に門松を飾る風習があります。

門松をみると竹が目立ちがちですが、門松はその名の通り、松がメインの正月飾りです。松は縁起が良いとされる常緑樹で神社などによく植えられていて、『祀る(まつる)』という掛け合い含め、日本では椿と同じくおめでたい木とされてます。

松がおめでたいと言われる理由の中に、常緑樹の他、中国古来、生命力、不老長寿、繁栄の象徴とされていたこともあり、年の始のお正月に神様を家に迎え入れるための依り代(憑りつく対象物)して玄関に飾る習慣となって根付いてきました。

正月の玄関飾りの門松の意味や飾り始めと片付ける日は?

門松は、正月に家の門の前に松や竹を使って作る正月飾りで

  • 松飾り
  • 飾り松
  • 立て松

とも言われます。

門松の飾り方は地方により異なり、関東、関西では待つと3本組の竹の下部を藁で撒く、竹で撒く、という違いがあったり、関東では葉牡丹、関西では熊笹や南天を添えたりという違いがあるのでお嫁にいったり移住した際に違いに驚くかもしれませんね。

ちなみに門松には寸胴タイプと斜めタイプの切り口があり、斜めタイプは『そぎ』といわれ、そのはじまりは徳川家康だといわれているらしく、「三方ヶ原の戦い」(1572年)のあと、武田信玄に対して、次は斬るぞという念を込めたという一説があります。

竹は真っ直ぐ空に向かって伸びることから、長寿を示します。

松を飾り始める時期はいつから?いつまで?

12月13日に山から松を取ってきて松迎えを行うので12月13日以降ならいつでもよいのですが、飾り始めるのに良くない日は、

  • 12月29日(二重苦)
  • 12月30日12月31日(一夜飾り・一日飾り)

として神事を疎かにしていると捉えられ良くないとされています。

松を片付ける日は、歴史的には元日から1月15日まででしたが現代は1月7日までとなっており、片付ける場合には6日の夕方が多く、松を片付けることを

  • 松下ろし
  • 松納め
  • 松送り

と言います。門松を焼く(左義長・とんど焼き)時期は、地域や神社により変わります。田舎の集落でする場合には勤めに出ている人も増えたために、日にちを確定するのではなく休日の午前にするところもあります。

鏡餅と門松はセットで準備しよう

鏡餅は天照大神の三種の神器の一つ(やかたのかがみ)をかたどったもので、天皇が代々引き継いでいるものをイメージしたもので、各家庭の門松という依り代に神様が立ち寄った際のお供え物です。ですので本来、鏡餅だけを飾っても神様が依り憑かないので意味がありません…。

さらに、鏡餅を割って食べる日を鏡開きと言うのは知っているかと思います。その鏡開きの日は定められていますが、松の内を過ぎた(松を片付けた)あとにするので日程は松の内によるので地域により異なるのです。

例えば関東の場合は徳川家康の命日との関係上、日程が変化をし、1月7日に門松を片付け、鏡開きは1月11日です。

現代、鏡開きは無病息災を祈願して食べる七草粥の日、ということだけを記憶している人が多いと思いますが、門松ありき、で日程が決まります。

はずかしながら私も全然知らなくて、ただ親の実家が農家で餅作りも干し柿作りもしているので正月前に送られてきた鏡餅を飾っていたからそういうものだとだけしか思っていませんでした。しかも門松も飾っておらず…。

昔の風習はなんでも意味があること、風習や飾り物、そのときに食べるもの意味を知ると正しく良い運気を手にすることができるんだと感じます。地方暮らしのほうが学ぶことも多く、特に農林漁業などの第一産業をしている家庭では大事な行事であり、それを知らずに都会育ちで風習の真似事をしているんだと恥ずかしい思いをしたこともあります。

ppro1 オーダーお問い合わせ

お役に立てばいいね!で読者になろう
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ
お役に立てばクリック応援して下さい