ハゼノキの実で和ろうそく作り、草花の染料で染物などを楽しむ暮らし

暮らしと雑貨と道具


先日、山でハゼの木の紅葉を見ました。
ハゼの木はウルシのように、樹液に触れると
かぶれる人もいます。

私はまだかぶれたことはありませんが
近隣の山には結構あります。

このハゼの木の実は和蝋燭の原料になり
実を絞ってロウを作る事ができるようで
作ってみたいなあ!っと興味津々。

そしてツユクサも発見。
ツユクサ
ツユクサは染料としても使われますし
これは白膠木(ヌルデ)フシといって
ヌルデフシ
タンニンが含まれているため
平安時代の鉄漿(おはぐろ)の染料だったとか…

山には染料となる花も咲いていて
染物や陶芸、ロウを作ったり、オイルや生活雑貨など
仕事としては現状のままではなかなか難しいけど、
生活の中から取り入れたい気持ちがあります。

あこがれますよね。
意識がつながっていき野菜作りやパン作り
そうやって手作りの生活をゆっくりしたい…
だけど現実の生活や仕事を考えると
ジレンマを感じることもあります。

自然の暮らしを楽しむゆとり、
その為には、仕事も丁寧にしようと思います^^

ppro1 オーダーお問い合わせ

お役に立てばいいね!で読者になろう
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ
お役に立てばクリック応援して下さい