七草粥を食べる日の意味や由来・種類と効能は?

暮らしと雑貨と道具


1月7日は五節句の中の『人の日』とされ、七草粥を食べる日とされています。そのおかゆに入れる野草(ハーブ)「医食同源」の知恵を生かした健康食でもあります。

では、7草の種類は?なぜ七草を食べるようになったのか?健康に良いから?疲れた胃を休ませるため?いろんないわれがあります。

七草粥の由来を知り、作って食べる習慣を身に着けたいと思います。

七草粥を食べる日の意味や由来・種類と効能は?

平安時代に中国から伝わったとされる1月7日に食べる七草粥の習慣は、もともとは米、ミノ、ゴマ、アワ、キビ、ヒエ、アズキの穀物を入れていて、野草になったのは、鎌倉時代からだとか…。

昔は地方により取れる種類も量も違っていたそうですが、豊作祈願や無病息災などの健康祈願をするというお願いごとは共通して変わらず、一般的に下記の7種類が7草粥のハーブとなったとされています。

七草粥の種類
  • ゴギョウ
  • セリ
  • ハコベラ
  • ホトケノザ
  • ナズナ
  • スズナ
  • スズシロ
七草粥の由来や意味と効能

七草は、早春(新年頃)に芽吹くことから邪気を払うといわれ、七草をまな板の上で49回刻む、というおまじないのようなルールもあり、無病息災を祈ってお粥にして各家庭で食べたそうです。

七草はハーブですから、実際にも健康効果があり、祈願だけでなくお正月でお酒を飲んだりお祝い料理を食べ過ぎた胃を優しく回復させる実用性のある食べ物なんですよね。

スズナはカブ、スズシロはダイコンのことで、ジアスターゼに消化促進効果があります。

ハコベラはタンパク質やミネラルが含まれているので薬草として食べられています。


ホトケノザはシソ科とキク科があり、食用はキク科のホトケノザ(コオニタビラコ)です。効能は胃腸を整える作用・高血圧予防に効果があるとされています。

その他、ゴギョウはハハコグサともいいホトケノザと同じくキク科です。効能は咳止め・痰きり・喉の炎症・利尿効果・むくみ解消に、そしてセリは鉄分やビタミンA.B.Cが多く含まれていてそばかす予防にも。

ナズナは利尿作用や解熱作用・二日酔い解消効果があります。

七草粥の作り方は?

今は七草粥セットが販売されていますが、従来では前日の日にすりこぎ、おろし金、火ばし、杓子などのをまな板の上に揃えて、七草を49回刻んで調理をし、まずは神棚にお供えをして祈願をします。

作り方はシンプルで、刻んだ七草を別鍋でさっと塩ゆでしておき、30分ほど炊いたお米(おかゆ)に混ぜるだけです。塩加減を好みで調節し、家庭によってはゴマなどの穀物を入れるところもあります。

風習や伝統は昔の田舎の行事ごと?知らないともったいない

田舎ではまだ風習を大事にするところもありますが都会ではどんどん風習や伝統は軽視されがちであります。しかし、由来や意味を知ることでなるほど!と思うことも多いです。特に食べ物に関しては祈願と健康食の理にかなっているので、そのことを知って暮らすことで健康な心身に整えることが出来ます。

気持ちが元気になれば住まいや暮らしをもっと大事にすることができますね。

ppro1 オーダーお問い合わせ

お役に立てばいいね!で読者になろう
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ
お役に立てばクリック応援して下さい