婚礼家具自分で作りたいと家具職人へ・桜並木の思い出

qtcraft


母校(小学校)の通学路。
子供の頃はこの桜並木がキライでした。

桜並木

今日ゆっくり通ってみたらキレイでした。

桜並木
家具職人に憧れたのは8歳の時。
友達のお父さんが家具職人で
婚礼家具を自作したのがカッコイイと思ったから。

私も婚礼家具自分で作りたい!と思いました。

学年が違う友達、キックベースボールクラブで
仲良くなってなければこの夢もなかったんだろうな。
子供の頃の衝撃や縁って不思議ですね。

正直、この桜の下で花見をしたことがない。

この地を離れ、これからもないような気がする…。

桜並木

過去を振り返るのは好きではないけど

女が家具職人になれるわけがないと思って違う道に進んだけど、やっぱり…と思いおこして脱サラして修行をし、いろんなことがありましたし、これからも不安定なこともあると思いますが好きな仕事、憧れた仕事に就けるというのは、いくら高給取りでも仕事にストレスがある人よりは幸せなことなんだと思います。

この桜並木も校庭も小さく見え、体の成長とともに人間としても成長していればいいけどまだ精神的にはグダグダしているなと、自分で喝を入れた2016の春でした。ただ、ホントこの仕事を通じていろんなことを学び体験し、良い選択をしていると思います。

身内に胸を張れる仕事。これからも磨きをかけていきます。

ppro1 オーダーお問い合わせ

お役に立てばいいね!で読者になろう
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ
お役に立てばクリック応援して下さい