オーダー家具とDIYの付加価値(メリット)を比較

オーダー家具について

Pocket

オーダー家具は価格が高いイメージだから欲しい家具を自分で作るDIYに初めてチャレンジする方もいます。ここ数年ではテレビや雑誌でもDIYのやり方を教える特集がたくさんあり身近になりました。

私自身も家具の作り方がわかるDIY教室をネットで開講していますが非常に人気が高いです。今回はオーダー家具とDIYの付加価値(メリット)を比較してみたのでお読み下さい。

chair diy

オーダー家具とDIYは創造する共通点がある

まず、オーダー家具も自分で家具を作るDIYも『創造する』という共通点があります。ほしい家具を形にする、その形にする『製作作業』を誰がするか?というところで『オーダー』と『DIY』にわかれますので欲しい家具を創るという部分は同じ意味合いですね。

  • 自分で形にできないことを補うのがオーダー家具職人の位置であり、その材料、作業や技術、道具に対して対価を支払います。
  • DIYは道具も材料も道具も知恵も自分で準備して時間も費やして挑むのでその部分でオーダー家具製作業者に払うコストダウンが出来ます。(道具がない場合は購入しないといけません)

DIYをする付加価値(メリット)は?

DIYはセルフサービスのようなもので、人によっては

  • お金がないからDIYする
  • 節約のためにDIYする

といった安上がりのイメージを持つ方もいますが私自身は節約も一理あるのは納得しているのですがそれ以上の付加価値も感じています。付加価値の例を挙げると

  • 自分で作る喜びや楽しさが味わえる
  • 大事に使う、自慢できる、満足がいく
  • 贈られた方が喜んでくれる、大切にしてくれる
  • 失敗してもそれも味となり許せる
  • 作った思い出が残る

など自分で作るという部分に心の満足感が高いという、購入しただけでは味わえない喜びがあります。手料理が相手に喜ばれる、作る過程が楽しい、食べた人が喜んでくれると嬉しい、ということと同じです。

私は甥っ子が小学校に上がる際に学習デスクを一緒にDIYすることにし、一緒にホームセンターに行き『好きな色』を選んでもらい『自分で塗装』をしてもらいました。こういう過程を一緒にすると子供にとっては『自分の好きな机を自分で作った』という満足感が高く大事に使うのです。

paintdiy

※グリーンを選びました。私が個人で考えたら選ばない色。甥っ子が自分で選んだというところにDIYの価値があります

ですのでDIYの付加価値は作る喜びや思い入れが強くなり大切にするという部分にあります。決して節約するためだけではありません。もしDIYを仕方なしに選択している人は『作ったあとの喜び』を感じていただければ楽しくなると思います。

DIYのデメリットは?

メリットばかりではなくデメリットも当然有ります。

  • 作り方を調べないといけない
  • 時間を費やさないといけない
  • 道具を揃えないといけない
  • 道具で怪我をする可能性がある
  • 失敗して材料を無駄にしてしまう恐れもある
  • 心底苦手な場合はストレスになることもある

などですが、上記のことを考えるとDIYが苦手な方は、作り方を調べて、材料や道具を買って作る時間を算出するとオーダーで注文したほうが安いケースも有ります

これはDIYにかぎらず自転車のパンク修理や車のタイヤ交換、ズボンの裾上げなど、やり方が分かって自分でやればできるけどプロにお任せしてしまう、といったことたくさんありますよね。

実際私がお教えするDIY教室でも、自分で作ろうと思いましたが予想以上に値段がかかることと自分では難しいので頼んだほうが良いと判断しました。相談が来てオーダー製作のご依頼をお受けすることがありますし、内容次第では個別で自分でできる方法をお教えしています。

私が出張で代わりに作るとなると例え友達でも費用を頂いているので節約が主な目的の方はぜひ、ご自身でがんばってください。出来た時の達成感は気持ちが良いです。

ppro1 オーダーお問い合わせ

お役に立てばいいね!で読者になろう
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ
お役に立てばクリック応援して下さい