輸入家具販売から日本製家具通販にシフトしたいご相談

oem

Pocket

インテリア家具通販をされているネットショップは楽天市場はじめアマゾン、ヤフーショッピング、自社サイトなどとたくさんありますが、数年前に日本製の家具メーカーの商品を海外(主に中国など)で生産し、ネット通販で激安販売をして大量に売れているお店が急増したことがあります。

輸入家具商社を通じて仕入れるケースから独自で中国やアジア圏内の家具工場を探してOEMで生産するなど様々な輸入家具が売れていましたが、ここ最近では物価や人件費、工賃も上がり、更に輸入コストなどを考えると、激安販売をすると赤字になってしまう上に

不良品などでクレーム対応に追われて輸入家具の激安販売の魅力も落ちてきて逆にデメリットになって撤退している業者様もいます。大手の自社工場とは違いOEMでの家具生産には文化や価値観の違いでもトラブルはつきもの。

現に私のもとにも日本製の家具をOEM生産できないかとのご相談もお受けし、条件が見合えば受注することもございます。日本製の家具は中国製はじめアジア圏製の家具に比べると値段はもちろん安価ではありませんがトータル的に考えると現在はメリットが多いです。

  • クレームが少ない
  • 少ロッドでも対応が出来る
  • コンテナで輸入することと比べると輸送時間が削減できる

などといった利点があり、この利点は長い目で見た場合の損失は少ないです。たとえば海外で生産した場合に、品質が安定せず、しかも家具のことをよく知らない日本人がオーダーし、日本人スタッフが現地にいない場合、梱包前に確認をせずに出来上がるのをそのまま待っていては危険です。クレームがあると返金どころか信用も落ちるので悪い口コミが起こることもあり、目の前の金銭的な問題よりも大きな信用を失うといったリスクがあります。

大手の企業では駐在員がいるのは正しいことだと思います。ですが輸入業者やバイヤーに任せているのみの方は一度は輸入に失敗したという経験があるのではないでしょうか?私も経験がありますが加工が間違えている商品が届いたこともあるので(コンテナ満載で…)そういう痛手から中国の工場に足を運び品質のチェックをしていました。

品質は改善した、または品質は悪くはないとはいえ、中国やアジア圏内の物価の変動などに関して対応するには値上げをしないと利幅が取れません。ですが一度安売り家具を販売すると価格競争に陥り値上げをすると他社のライバル商品と比較されたちまち売れなくなるといった状況に陥りますね。

日本人がチェックをして大量ロッドであればまだ海外生産のメリットは有りますがそこまで大量に在庫を抱えることが出来ない企業様もいらっしゃいます。

そこでコンテナほどの量でなくても少ロッドでかつ品質の良い日本製の家具メーカーの商品を扱おうとシフトする企業様もいらっしゃいます。私はネットショップでの輸入家具販売も経験があるので言えることですが、家具は適正価格で販売するほうが、薄利多売でせわしないよりも、良い仕事ができるしお客様の満足度も高いと思います。

輸入家具販売から日本製家具通販にシフトしたいご相談はお問い合わせよりお願いします。もちろん企業の秘密は守りますのでご安心下さい。

ppro1 オーダーお問い合わせ

お役に立てばいいね!で読者になろう
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ
お役に立てばクリック応援して下さい