必要とされる家具を作る喜び

qtcraft

Pocket

今月も、過去の製作事例からのオリジナル家具の製作依頼をいただきました。ありがとうございます。

オーダー家具のご相談を受け、メールなどで打ち合わせを繰り返す過程で少しづつ無いものを形にしていくという作業をお客様と一緒にするのですが、その過程を重ねれば重ねるほど喜びを感じます。

必要とされる家具を作る喜び


私の場合はじめは別注家具を制作する木工所に勤めて、その後、既製品を量産で製作して販売することも経験し、今はオーダー収納家具とOEM家具生産を主にしておりますが

既製品を量産で制作することもやりがいがありますし必要とされる仕事でもあり、経験して本当に良かったと思っています。その上で、またオーダー家具製作をするにあたり、

個人個人に対応することの喜びを感じます。個人だと打ち合わせも多くなり、時間もかかるし見積りだけで終わることもよくある話で。そうすると、量産を販売するほうが楽だろ?と言われたしかに楽ではあるし、儲かっている会社もあります。

しかしながら、やっぱりその人が必要とする家具を作ることを0から作ることに対して、手間がかかってでも必要な仕事でもあると思っています。

オーダーも量産もどちらもしますので軸がぶれているように思うかもしれませんが、お客様によって重要とする点を考え、それに合わせてお互いが納得の上で受注するとい流れで、それは自分の中では必要とされる家具を作るという共通点は同じだと感じています。いつもありがとうございます。

ppro1 オーダーお問い合わせ

お役に立てばいいね!で読者になろう
にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフ(部屋)へ
お役に立てばクリック応援して下さい